OWLE Blog

ブルワリー紹介シリーズ Vol.1

こんにちは。Beer OWLEです。 久々のブログ投稿、いかがでしたでしょうか。 今後の投稿日程に関しては2週に一回ほどの更新を予定しています。いろいろなコンテンツを用意していますが、「〜について書いてほしい」という要望がありましたら、OWLEスタッフにお気軽にお声がけ、もしくは何らかの形でご連絡ください。 さて、地域に根ざしたクラフトビール酒屋をテーマに運営している我々OWLEですが、とてもありがたいことに静岡市内に限らず静岡県内・その他ウェブサイトから通販のご注文をいただくお客様にもご愛顧頂いている状況。 様々なブルワリーのビールを取り扱い、流行のものの中でもブルワリーのキャラクター、スタイルの面白さ、何よりもお客様の好みを深堀りするお手伝いをさせていただきたいと考えている次第です ブルワリーの特色やビールの良さについては当然、「飲んでいただく」ことが最も重要なことかと思いますが、「飲むだけでは届きにくい」ブルワリーの実態や活動について、当ブログで少しずつ紹介していこうと思います。 第一回の今回は、OWLEの運営会社でもありますBC BEER TRADINGで輸入している2ブルワリーをご紹介いたします。 以下で出てくるビールの写真はすべてOWLEの通販サイトへのリンクになっています。ご活用ください! 【Parallel49 −パラレルフォーティナイン-】 カナダはイーストバンクーバーに佇む実力派ブルワリー!  Parallel 49はカナダ・バンクーバーのダウンタウンの東、イーストバンクーバー、通称”Brewery Creek(醸造所の入り江)”と呼ばれる醸造所の密集地帯に居を構えるブルワリー。ポップなデザインはもちろんのこと、先進的かつバンクーバーの老舗として、現地ローカルの若者から圧倒的な支持を集めています。  Parallel 49では、”We are thirsty!”の合言葉の元、既存のスタイルにとらわれることなく、自分たちが本当に飲みたいと感じるユニークなビールを醸造しています。定番ラインナップの品質の高さはもちろんのこと、バレルエイジや各種の野生酵母を使ったビール、変わった副原料を使ったビールなど、実験的でチャレンジングなビール造りにも果敢に挑戦し続けています。 最近のホットトピックスとしては、2020年カナディアンビアアワードで定番ラインナップのIPA ”Filthy Dirty”がアワードを受賞しています。  定番ビールに関しても、仕込みごとにレシピを更新し、マイナーチェンジとともに目に見えない進化を遂げているParallel49…今後の入荷の際もご期待ください。 【Boombox Brewing -ブーンボックスブルーイング-】   醸造施設を持たないバンクーバーで話題のファントムブルワリー。 生み出される革新的なアイデアはまさに芸術。 ファントムブルワリーの宿命か、現在のラインナップは基本的にすべてワンオフ「一回きり」の醸造です。とはいえ、一回一回の醸造にかなり力を入れ、革新的なヘイジービール製作を試みています。 2016年の設立以降はエポックメイキングな活躍をし、Ratebeerでも2018年にはニューカマーブルワリーとして表彰されています。 Hazyな見た目ではありますが、どのビールも飲み口は非常にすっきりとし、ホップの組み合わせによる香りの華やかさが特徴です。   日本に入ってくるビールもかなり限られていますが、OWLEでは現在「ラッドシーカー/Rad Seeker」Hazy IPA(写真上)、ならびに「アーケイドグロウ/Arcade Grow」Hazy Pale Ale(写真下)の二種類を取り扱い。 次回の輸入に関しても今から期待しておいていただきたいところ。現在手に入るこの2種を楽しみつつ、まだ見ぬ国内未入荷の新種類をご期待ください。

続きを読む →


商品紹介シリーズ Vol_1

商品紹介シリーズ Vol_1

こんにちは。Beer OWLEです。 COVID19が猛威を奮った1年でした。 ブログ開設のご挨拶からもちょうど1年と1ヶ月ほど経過したタイミングではありますが、 おかげさまで地元静岡のお客様、並びにブルワリーや近隣の同業の皆様に支えられ、営業を続けることができております。 改めて、御礼を申し上げます。 宅飲み需要が強まったことがクラフトビール業界に思わぬ変化をもたらしたような気がしてならない今日この頃。 1年前にブログ開設の理由で語った内容について今一度、挑戦していきます。 しかしながら、毎度そのようなビールスタイルや用語解説のみではどうも肩肘を張ったような姿勢になってしまう気もします。 今までOWLEのInstagramアカウントではら店頭と異なり簡素な振る舞いをしておりましたが、WCBのインスタライブに草場が頻繁に参加したり、OWLE店頭でお客様にも雰囲気をお伝えすることができたのかな、という実感も得ることができました。 できる限りクラフトビール初心者の方にも気軽に楽しんでいただけるようなコンテンツをご用意していきたいと思います。 今後に関しては更新の頻度を上げ、新鮮な情報をお伝えすることを心がけていきますので、 改めて、今後のコンテンツ展開にご期待いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。 再開1回目は現在のおすすめビールをご紹介します。 【Parallel49 - Trash Panda】 すっかりParallel49の代表的なビールとなりました。 フルーティーなホップがガッツリ香るものの、軽くて飲みやすいNorthEastスタイルのHazyIPA。大量のドライホップによる洋ナシ、ピーチ、パッションフルーツ、メロンの香りが、オート麦に由来する滑らかな舌触りの濁りに溶け込んで華やかに香ります。 苦みはかなり控えめでアルコール度数も低く、風味豊かでありながらも飲みやすいビールです。暖かくなってくる時期にゴクゴクと本数を重ねるのにも適しています。 【Gueuzerie - Tilquin】 カリスマランビックブレンダー、ティルカンのフラッグシップビールです。  ウオート(麦汁)は4種、ジラルダン、リンデマン、ブーン、カンティヨンの4種類を使い、1年、2年、3年、寝かせたオールドランビックを使用、オーク樽で熟成されます。そののち最低でも6カ月間はセラーで瓶内熟成させたものをお楽しみいただけます。フレッシュなレモンを思わせるタッチは若いオーク樽由来のもの(で?まろやか?濃いめ?)、ほのかでドライなグレープフルーツを思わせるような苦みを感じさせ、酸味とまろやかさを併せもった非常にバランスのとれた飲みやすいグーズです。 初めてグーズを飲む方にもおすすめです! 【Westbrook×Angry Chair -  Zoose Joose】     WestbrookとAngry Chairのコラボによって生まれたこのビールは、フルーツサラダ・アンブロシアにインスパイアされたサワーエールです。 パイナップル、チェリー、みかん、トーステッドココナツ、そしてマシュマロ(!)が使われた甘酸っぱいサワーです。甘みの強いサワーは少し珍しいかもしれません。 それぞれのフルーツのテイストとバニラの香りが際立つデザートビールとしてお楽しみいただけます。   【West Coast Brewing - Triple Barrel】 WCBの作ったバーレイワイン…!? クールなIPAブルワリーのイメージがあるWCBが生み出したこのビールは、バーレイワインとしてのハードルの高さをいい意味で感じさせません。タブを開けたその瞬間から、ポーカーの絵から連想されるような駆け引きの世界に引き込まれていくでしょう。 実際に味わってみると、キャラメル、レーズンのようなフレーバー、熟したバナナのようなエステル香がきれいに乗ったバーレイワインのそれを感じさせてくれます。発売されたばかりの今、フレッシュな状態で飲むのもよし、冷蔵庫でじっくり寝かせてから飲むのも楽しみなビールです。 【Kakegawa Farm Brewing】   掛川産のほうじ茶を使ったブラウンエール。 ほうじ茶の優しい甘み、麦の甘みとロースト感のバランスがとれた香り豊かで実に見事なベルジャンブラウンとなっています。極めて珍しいほうじ茶のビールへの投入は大成功だと言えるでしょう。ほうじ茶の持つふくよかな味わいをしっかりと引き出した見事なバランスのビールです。 ちなみに掛川の樽熟成OudBruinが今OWLEでオンタップしております。超本格派のベルギーフランダーススタイルが日本で飲めるなんて、本当に素晴らしい。ぜひ飲んで欲しいです。

続きを読む →


量り売り・グラウラーについて

お店について

量り売り・グラウラーについて

当店の特徴でもあるドラフトビールの量り売りについてご紹介致します。 酒屋のOWLEにドラフトサーバーが10タップもあることの理由がこの「量り売り」となります。 Growler/Crowler(グラウラー/クラウラー)とは   Growler(グラウラー)という販売方法はあまり日本では馴染みがありませんが、北米を中心にかなりメジャーな販売方法の一つです。 簡単に申し上げれば、Growlerは瓶に、Crowlerは缶にビールをドラフトサーバーから直接詰める販売方法です。 手順としては清潔にした容器に炭酸ガスを吹き込んで酸素を飛ばしたのち、ビールをいっぱいになるまで注ぎ入れて、こんもりした泡を押しつぶして豪快にこぼしながら蓋をする。というもの。   この、ガスの吹き込みや泡を押しつぶすという作業が非常に重要で、目的は全て、酸化による劣化の防止です。 怠った場合にどういう劣化をするかというと、例えば買ってきた缶ビールをグラスに注いで、2〜3時間放置するとあまりおいしくなくなりますよね(もちろん一概には言えないですが)極端な話がそんな味になってしまいます。 なので、欠かせない工程となります。   適応規格・サイズ・レンタルについて   一般的には500ml~4Lまでのサイズがあります。 当店では1LのステンレスタンクとJag(耐圧ガラス)を販売しています。 基本的には専用のものが一番ですが、ある程度耐圧のあるビール瓶などの密閉容器ならOKにはOKです。 但し、ステンレスでも水筒は基本的に炭酸に非対応なのでNGです。充填後開かなくなりますし、ビールのガス圧は皆さんが思っているよりも高く、危険です。 4Lのものにはなりますが、当店ではレンタルもしております。下記よりどうぞ! https://beerowle.com/pages/rental   品質保持の期間 こちらの量り売りについて充填後2日以内、開封後はとにかく早く飲むことを強くお勧めします。 というのも、樽生というのは本来、タップから注がれたものをそのまま飲まれることを想定した商品だからです。 ですので、当然どんなに丁寧に密閉や酸素取り込みしないように量り売りしてもフレッシュさをキープすることはできません。 ぜひ、美味しいものは美味しいうちに! 長期保管や持ち運びについてはメーカーが作っている瓶缶商品の方が断然向いていますし美味しいです! グラウラー量り売りの利点 「瓶缶パッケージのない商品を家に持って帰っていける」  これに尽きます。特に国産クラフトビールや海外限定品では瓶缶商品がないケースも多く、家などで家族や友人とシェアするのにぴったりです。 なかなか外に飲みに出れない小さなお子様のいるご家庭へのお持ち帰りやBBQ・野外パーティでのサプライズ品にもお勧めです!  

続きを読む →


OWLEブログ開設のお知らせ

お店について イベント告知 ビールスタイル解説 専門用語の解説 雑記

OWLEブログ開設のお知らせ

Beer OWLEのブログ開設しました。

続きを読む →